2017年11月13日 (月)

インカレと神奈川県新人大会 2017.11.12

先週末は全日本大学選手権(インカレ)に行ってました。

そして、今週は、神奈川の高校新人大会の撮影です。

11月5~7日 全日本大学選手権 atいしかわ総合スポーツセンタ-(石川県金沢市)
11月11日  神奈川県高校新人ハンドボール大会(横浜創英高校)
11月12日  神奈川県高校新人ハンドボール大会(多摩高校)


インカレは準決勝からの撮影。2013年以来となりました。

今年もインカレはオモシロかったです。
男女とも好ゲームが多かったのですが、特に男子準々決勝、筑波大vs福岡大は延長に入る熱戦。
そして、男子決勝の国士舘vs筑波大も、見応えがありました。

この男子決勝の審判を担当したのは、本田・田渕ペア、若き国際審判であり、本田さんは、神奈川県協会の審判長でもあります。

男子決勝の国士舘大、筑波大ともに、準決勝は、かなりヒートアップした試合。そして関東の強豪同士の日本一を掛けた決着となれば、決勝戦も、荒れた展開も想定されました。

しかしながら、実際の決勝戦は退場も少なく、とてもクリーンな試合となりました。
そうなった要因の一つとしては、関東学連でも度々審判を務める本田・田渕ペアが「睨みを効かせる」であったこともあったかと思います。
審判は正確且つ公平であることが当然であり、それが故に正確な笛は目立つ事がなく、逆に曖昧であったり、誤審や不正確な笛は、批判の的となる「損な役割」

選手が納得してないジャッジが度重なると、選手やチームはプレーに集中出来なくなって試合が荒れてきます。

それほどに、審判の技量は試合の質を左右し、また、「若造達に決して文句は言わせない」国際審判のオーラも、試合を安定させたのではないかと、私は感じてます。

皆さんも、日本リーグや日本選手権などを観戦する機会がありましたら、審判の笛にも是非、注目してください。
未編集の写真が溜まってきました。
先にインカレの編集を進めます。今週中にはどうにかしたいところですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

平成29年度 神奈川県高校ハンドボール新人大会とインカレ

今年の神奈川県、新人大会が始まりました。

昨日(11月3日)は、藤沢総合高校にて男子一回戦を撮影。

朝方まで雨が降った影響で、グランドはところどころにぬかるみが。

4面予定されていたコートは1面が使えずに、最終試合などがキャンセル。

試合開始も9時スタートが9時30分スタートとなりました。

10月はずっと週末に雨などが降ってましたが(この大会も先週末の予定が雨で順延に)
久々の青空に、さすが晴れの特異日の文化の日。
お日様を堪能しました、、、というか、暑くて、ビックリ。

この日は、男子一回戦5チームを撮影。

今日(11月4日)は撮影無しで、明日から、金沢で開催されている、全日本大学選手権(インカレ)に行ってきます。

県新人大会は、11日に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 2017.09.23-10.01 国士舘大学多摩キャンパス

9月23日(土) 関東学連秋季リーグ男子一部

9月24日(日) 関東学連秋季リーグ女子一部

9月30日(土) 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦(一日目)

10月1日(日) 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦(二日目)


関東学生ハンドボール連盟 秋季リーグが昨日・今日の入れ替え戦をもって終了しました。

今日の入れ替え戦は、第一試合が60分で勝負が付かず延長となり、最終第5試合も一点を争う好ゲームでした。

やっぱり学生ハンドボールはオモシロい。

撮っていて気合いが入ります。


8月26日から始まった私の撮影も、この日で終了。

出動9日
撮影試合数 41試合
撮影枚数 28000枚余

でした。

なかなか更新が進まなくてスミマセン。
今日は一休みして、明日からボチボチと更新していく、、つもりです。

それでは、次は、神奈川県高校ハンドボール新人大会の会場にてお目に掛かりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 男子四部 2017.09.16 東京経済大学

2017年9月16日 関東学連秋季リーグ男子4部 東京経済大学

(9月17日に予定していました、男子2部(立教大学)はキャンセルしました)

リーグ戦も大詰め。
チーム順位が確定し始めました。

この日に撮影の男子4部は、春季リーグで4部に上がったばかりの東京経済大学が全勝で残り二戦は見事な戦いぶり。

もう一踏ん張りで一位通過できるか、一位ならば3部へ自動昇格だけど、2位では入れ替え戦を戦わねばならず、この差は大きい。

4部を見渡すと、2位に東京学芸大、3位・明治学院大、4位・上武大。

どのチームにもまだチャンス有り。少人数で踏ん張っている東京学芸大は健闘といって良いでしょう。明治学院は一位の東京経済大を残しているのがやや負担か。

この日の各試合を見た限りでは、現在4位の上武大学が、攻撃力・得点力も有り、実際、得失点差も4位ながら+25と、東京経済大学の+28に並びそうな勢いがあり、最終的には得失点差の2位で通過しそうな雰囲気があるかな。

いよいよ今週末が最終。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

平成20年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 男子三部 2017.09.03 東京理科大学森戸体育館

更新が滞ってますm(_ _)m


平日は本業が多忙。
休日はハンドボール撮影で多忙。
どなたか、編集作業を手伝ってください、、とか。

活気溢れるハンドボールの撮影は、こちらも気合いが入りますが、
その写真データの色や構図の調整となると、これがまた地味な作業でして。

主に平日の夜にその作業を進めていると、大抵、途中で睡魔に襲われます。
ちょっと寝て、また起きて、作業をして、、オレは受験生か(^o^)

なんとか、8月28日、、初日の男子2部の5試合をアップロードしましたので、ご覧ください。
8月29日の男子一部は、明るい体育館だったので、明るさ調整の作業量が減る分、更新ははかどる、、予定。
がんばれ、おれ。

9月2日の男子5部(at芝浦工業大学)の写真を、本館ゲストカメラマンの5103Pさんから頂く事になってます。どうぞお楽しみに。

次回は9月9日に男子一部・国士舘大学にて撮影予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 男子一部 2017.08.27 日本大学八幡山体育館アリーナ

2017.08.27 関東学連男子一部の観戦&撮影で日本大学八幡山体育館へと行ってきました。

土曜に男子二部、日曜に男子一部を観戦して、
あちこちのチームで、主力選手の欠場が目立ちます。

怪我であったりコンディション不良であったり。

それが、8月中に各地で開催された、国体予選にある選手もいるようです。

自身の出身地のチームの一員として国体出場を目指す。

そうなれば、気合いも入りましょうし、ハードなプレーもあれば怪我もやむなしか。

あるいは大学チームを離れていたから、連係プレーなどに不安があれば、直ぐに起用とは行かないでしょう。

今の大学チームも大事でしょうし、やはり郷里の代表として戦う国体予選も重要。

秋季リーグを優先すべし、、とは、なかなか言えませんね。

早くリーグ戦に戻って来てほしいものです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ第一週 男子二部 2017.08.26

今日から関東学連秋季リーグが開幕。

早速、男子二部が開催されるエスフォルタアリーナ八王子へと行ってきました。

何故にここを今シーズン最初の撮影に選んだかと言うと、
駅から近い
これに尽きますな(^^;)
なんたって、改札出て、目の前が会場なんですから。

会場について、おや?、、と思ったら、これが。

自動代替テキストはありません。
全国高専大会、が、同じ会場のメインアリーナで開催されていました。

ちなみに、関東学連はサブアリーナで。

ああ、なんたること。
ちゃんと把握しておれば、今回はこちらを撮影したかもしれません。

今日と明日、大会が開催されているとのこと。

ちょっと残念。

気を取り直して、、

久々の5試合ぶっ続け撮影で、さすがに疲れました。

で、
明日は、男子一部の撮影で、日本大学八幡山に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

7月の撮影

当ブログは、一足早く夏休み入りしてますが、なんだかんだと毎週、どこかで撮影しています。

7月7日(金)
第58回 上南戦

上智大学と、愛知県の南山大学の定期交流戦。
年に一回、交互に開催されます。
私は一昨年初めて参加させて頂き、今年が2回目となりました。

通常のリーグ戦とは違う独特な雰囲気は、自チームの応援シャツを着たOBの方々や、応援団、チアリーダーの面々が作り出してくれます。こりゃ、選手達も気合い入りますな。

来年は南山大学において開催だそうですが、時間があれば、観戦に行ってみたいと思ってます。

7月15日(土)17日(祝)
川崎市の中学校ハンドボール大会の撮影。
御縁を頂いて、川崎市の中学校ハンドボールを撮影しました。
とあるハンドボール一家の息子さんが我が母校に入学し、ハンドボール部へ。
我が母校・高校チームの撮影はせっせと行っているワタシですが、中学の方は、すっかり疎遠だったのが、そんなワケで、母校チームのハンドボールを見る機会に恵まれました。
また、せっかくですので、後輩のご主人が顧問をやっている中学と、さらには、中学の恩師が指導をしているチームの3チームを撮影。
様々な御縁に感謝です。

7月22日(土)
大阪にて
「日韓交流ハンドボールフェア」の撮影。

http://handball-osaka.com/20170722nikan/
大阪市中央体育館にて、日本と韓国のクラブチームの対戦。
元々、この日程は、ドイツの強豪・キールが来日し、日本代表などと試合をする予定でしたが、キールの来日がキャンセルとなってしまったことから、それじゃあ、日韓のトップチームの対戦をしようじゃないか、、ということになったらしいです。
女子 大阪ラビッツvsSKシュガーグライダーズ
男子 琉球コラソンvsSKホークス

試合は女子は大阪ラヴィッツが、男子はSKホークスが勝ちました。

ワタシとしては、女子の大阪ラヴィッツに注目。

今年から、日本ハンドボールリーグに参入する新チームですが、メンバーには、元ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングの選手もいて、さあ、どこまでやれるか。

そして、この試合には、元日本代表選手で、オムロンにも所属した、藤井選手が大阪ラヴィッツに参加。
全くブランクを感じさせない軽快な動きに「さすが藤井さん」と思わせるプレーが随所に。

チームとしては、日本ハンドボールリーグでもラヴィッツのメンバーとして参加することを望んでいるそうですが、果たして。。

そして、明日(7月29日)は、東京・駒沢体育館にて、日韓戦2017の撮影です。

既にチケットはほぼ完売で、当日券は30枚ほどだとか。

会場に来られない方、チケットを入手出来なかった方は、ネット中継もあるようですので、是非ご覧ください。(日本ハンドボール協会のウェブサイトhttp://www.handball.or.jp/にお知らせがあります)

がんばれ、ニッポン!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

一段落

各地でインターハイ予選が佳境に入ってきています。

関東では、埼玉県以外は、決勝が終了し、インターハイ出場校が決定しています。

神奈川では、男子が法政大学第二、女子は高津がインターハイに出場します。
(ハンドボール写真館Ⅱで観戦・撮影はしていません)

各地の代表は、県の代表として、ベストを尽くして頂きたいと思います。

インターハイが終わり、2017年・春のシーズンの撮影も一段落となります。

今シーズンの締めは、6月3日に群馬県にて開催された関東大会を2試合だけですが、掲載しましたので、どうごご覧ください(横浜南陵高校、横浜創学館高校)

これにて、一休みします。

次は関東学連春季リーグからとなるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟春季リーグ 入れ替え戦 2017.05.27-28

今週末は関東学連春季リーグ 入れ替え戦でした。

5月27日 入れ替え戦 at国士舘多摩キャンパス体育館

5月28日 入れ替え戦 at国士舘多摩キャンパス体育館

結果はこちらで。

http://www.asahi-net.or.jp/~ZB3M-KNK/2017052728.html

さて、4月中旬から、今月末までの学生ハンドボール撮影はほとんどを終えました。

来週は、土曜日に関東大会を群馬県に見に行こうと思ってますが、まだ確定ではありません。

さて、数多くの試合を見ていて、今季に感じた事は

自分のチームは何が出来て、何が出来ないのかを明確にする、

その上で、出来ないプレーを追わずに、出来るプレーを十分に鍛え、それを相手にぶつけることで、勝利を導く。

逆に相手チームに、何をされたくないのかをハッキリと認識し、その上での確認事項を明確に死して、それに徹する、
そうは言っても相手あってのこと、思い通りに行かない事の方が多いわけで、その時どうするか

思い通りに行かない時でも、まず

慌てない
そして、
焦らない
さらに
諦めない
ハンドボールは野球のようにランナーを溜めて、満塁ホームランの大量得点、、という事の無いスポーツですから、上手く行かない場合は、まずは失点をなんとか食い止める、その上で、一点ずつ、返していく。慌てず焦らず諦めず。

そんな試合が、高校ハンドボールでは、我が母校チームの試合。
明らかに格上のチームに対して、自分たちが出来る事(=守りの徹底、思い切った、高めのDF)で、相手のミスを誘い、よもやの勝利を得ました。

大学ハンドボールでは、今日の入れ替え戦、上智大学vs国際武道大学。

上智大学は2部、国際武道大学(国武大)は3部ですから、「格」で言えば、上智大学が上位かもしれませんが、シューターの破壊力や、技術的、体力的には国武大かと思ってました。
実際、前半中盤までは、国武大が優位に進め、一時は点差が4点となって、このままずるずると行きそうだったのを、上智大がシュートの思い切りの良さを存分に発揮し、多少のシュートミスも、臆すること無く攻め続けて、結果、一点差で勝利をもぎ取りました。

2部では苦戦の連続であった上智大ですが、3部から2部に昇格した時の勢いが戻って来たようにも思えました。
これぞまさに、出来る事を徹底してやった結果じゃあないかと。そして、慌てず諦めなかった。
良い試合を見せて頂きました。

写真はボチボチ編集していきます。

ーお知らせー
千葉県で東京理科大などをメインに撮影されている「5103P」さん(ハンドル名)から、
5月21日 玉川大学会場・男子5部の写真を頂きましたので、トップページに掲載してます。
どうぞご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧