« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月に作成された記事

2022年6月28日 (火)

令和四年度 関東学生ハンドボール連盟春季リーグ 男子三部 男子五部 2022.06.26 開智望小中学校体育館

6月26日(日) 関東学連春季リーグ 男子三部・男子五部の撮影でした。場所は茨城県守谷市 開智望小中学校体育館です。


先週金曜日から日本全国猛暑となり、この日の体育館は、空調聞いているかな、と、期待して入ってみたら

「エアコン 効いてない」

う~む、これは大変だぞ。果たして、最後まで持つのだろうか。

エアコンは無いし、扇風機も無い

とりあえず、第一試合から撮影開始

暑いことは暑いけど、耐えられない暑さじゃない。

でも、これがあと6時間続くとなると。。

撮影しながら、「これはいかん」と。最後まで持たないことを確信。

第二試合で撤収しよう、、と、思ったら、第二試合からエアコンが入りました。

ありがとう、副理事長!(^^;)

 

ということで、男子三部5試合 男子五部4試合を撮り終えました。

 

2コート同時進行だったので、1試合の撮影枚数は、通常より少なめですが、何卒ご了承を。

写真は、ぼちぼちと掲載していきます。

のんびりとお待ちください。

 

次は7月10日 入れ替え戦に行く予定です。

 

 

 

| | コメント (2)

2022年6月 5日 (日)

令和4年度 関東学生ハンドボール連盟春季リーグ 男子1・2部、女子1・2部 入れ替え戦 2022.06.04 

週末に入れ替え戦に行ってきました。

場所は国士舘大学です。

第一試合

日本女子体育大学(女子一部)vs法政大学(女子二部)

 

第二試合

順天堂大学(男子一部)vs日本大学(男子二部)

 

第三試合

立教大学(男子一部)vs青山学院大学(男子二部)

 

私が注目していたのは、女子の入れ替え戦 日本女子体育大学vs法政大学戦

今シーズンは法政大学を二回撮影しましたが、シュート力のあるバックプレーヤーの攻撃力をもって二部では圧倒的な力を見せていたので、これはひょっとしたら、、と思ってました。

が、

試合前に 日女体大の練習を見ていて、ああ、やっぱり女子一部はスピードあるなぁ、、どうなんだろ、とも。

事実、試合が始まれば、日女体大のスピードは、法政の攻撃力を見事に封じ、序盤から試合を優位に進めます。後半途中では、法政も巻き返して、最大7点開いた(←と思う)得点差を3点差まで縮めるものの、追い上げもそこまで。女子一部で揉まれてきた日女体大は強かった。女子一部と二部の壁はまだまだ厚いと感じた試合でした。

壁と言えば、序盤の劣勢から追い上げて、その得点差が「3」になったところで、一つの壁を感じます。そこから一気に同点まで行くか、そこで一息つくか、、そこまで優勢に試合を進めてきたチームが3点差になったところで息を吹き返し、また、得点差を広げる、という展開を何度も見てます。

この日の3試合、いずれも、勝利したチームは序盤から相手を圧倒して得点を積み重ねて、大きくリードするも、後半に追い上げられて、第二試合(日大vs順天堂)は3点差、第三試合(立教vs青学)は2点差まで追い上げましたが、そこから相手が踏ん張っての勝利に。

3点差まで追いついて、そこで一服してしまう、、「3」に大きな壁があるようです。

ちなみに、次の壁は「0」つまり同点、、そこで一気呵成にリードを奪うチームは勝利することが多いようです。

 

しばらく撮影お休み、次は26日に男子三部の撮影となります。

 

入れ替え戦男子2試合は、既に写真を交換しましたので、どうぞご覧ください。

 

 

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »