« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月に作成された記事

2018年9月18日 (火)

平成30年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 2018.09.08-.16

ボチボチと関東学連秋季リーグに出かけてます。

9月8日 男子二部(5試合) 駿河台大学体育館
9月9日 男子三部(3試合) 東京経済大学体育館
9月16日 女子二部(5試合) 東洋大学体育館

先週の男子二部・三部では、猛暑ぶり返しで、会場内の蒸し暑さは半端なく。
駿河台大の5試合はなんとか乗り切ったモノの、東経大は4試合でしたが、3試合で疲労困憊~撤収となりました。
暑さも一段落となる、リーグ後半戦は、このようなことにはならないと思うのですが。。

今季の各試合から、若い審判が増えてきてますね。
人によっては危なっかしいジャッジも散見しますが、経験を積んで、安定したレフェリングを見せて頂きたいものです。
次は9月22日 日体大健志台にて男子一部の撮影予定です。
Img_1214723_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

平成30年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 男子一部 2018.09.01 日本大学八幡山体育館

関東学連秋季リーグが開幕しました。

9月1日 男子一部 日本大学八幡山体育館

予定では、今日(9月2日)は、女子二部の撮影を、、としていましたが、
雨が降って移動が大変なのでキャンセル、大荷物を抱えて傘さしてテクテク歩くのは老体に堪えますので。。

9月1日 男子一部の開幕ゲームは、春季リーグ優勝の早稲田大と、秋季リーグ二部優勝から入れ替え戦を勝ち上がってきた立教大の対決。
いわば、横綱と新入幕の対戦でしたが、うっかり隙間を作ってしまう早稲田に立教が勇気あるパスを連発し、7点差の圧勝で波乱の幕開け(早稲田は9月2日のvs東海大にも負けて、よもやの開幕2連敗)
日本でハンドボールの人気がイマイチなのは、番狂わせが無いからと思っているのですが、学生ハンドボールについては違いますね。時々、あっと驚く試合を見る事が出来ます。
これだから学生ハンドボールはオモシロい。

例年ならば秋季リーグ終了後に国体、、という流れですが、今シーズンは、9月半ばに国体(今年は福井県)が開催されるため、国体に出場する選手が多い、男子一部、二部と女子一部は国体期間中にブレークタイム、来週までの前半戦と、22日以降の後半戦に別れます。
前半不調のチームはここで建て直せるか、好調なチームは勢いを継続できるか。
インカレ(今年は大阪で11月開催)に出場するチームは、ここでどれほどの事が試せるか、
出場しないチームでも、シーズンの成績は来シーズンに直結、
全てチームが様々な思惑でリーグを戦います。
今シーズンもハンドボーラーへの応援、ヨロシクお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »