« 順延 | トップページ | 神奈川県高校新人大会と日本ハンドボールリーグ 2016.11.23-11.26 »

2016年11月 7日 (月)

日本ハンドボールリーグ第八週 &神奈川県高校新人大会

あれこれ撮影しています。

11月3日(祝) 第41回日本ハンドボールリーグ at中村スポーツセンター
11月5日(土) 神奈川県高校新人ハンドボール大会 at厚木商業・厚木東高校

11月5日(日) 神奈川県高校新人ハンドボール大会 at上溝南高校

今年に入って、ルール改正があった為か、「7人攻撃」がハンドボール界の流行になっているようです。

先のリオデジャネイロオリンピックでも、しばし見られましたが、今年8月からの関東学生ハンドボール連盟秋季リーグや、第41回日本ハンドボールリーグでも、頻繁にプレーされています。

7人攻撃は、ゴールキーパーをベンチに下げて、通常は6人のコートプレーヤーを7人にして攻撃をする、、相手方DFは6人ですから一人多い、数的優位性から得点のチャンスが生まれる、、ということ。

しかし、GKをベンチに引っ込めている時、相手にボールを奪われると、簡単に得点を許してしまうという、リスクのある攻撃。

実際、リオ五輪でも、ガラ空きのゴールのボールが放り込まれるシーンがしばし見られましたし、先週撮影した日本ハンドボールリーグ(JHL)の2試合(豊田合成vs琉球コラソン、大同特殊鋼vsトヨタ車体)では、4~5点ほど、無人のゴールへの得点がありました。

JHLの2試合では、7人攻撃を仕掛けたのは、劣勢であった豊田合成、トヨタ車体でしたが、結果的には傷口を広げることになってしまいました。

ハンドボールは、一人退場からのパワープレーが、必ずしも得点に繋がるとは限りません。

また、試合の流れを左右するのは、攻撃よりも守備である場合が多いように感じます。
例えば、相手ミスからのターンオーバーや、ゴールキーパーのファインセーブが、チームの悪い雰囲気を断ち切り、勝利を呼び込む事を何度も見ています。


このまま、7人攻撃が定着するのか、あるいは、”今年の流行”として終わるのか、注目していきたいと思います。


昨日・今日と神奈川県の新人大会でしたが、この大会から、新たに麻溝台高校を撮影し始めました。

新たな御縁に感謝致します。

来週は撮影に行けません。
再来週に行こうか、、でも、混雑している中での撮影は、観戦者の邪魔にもなるので躊躇してしまいます。

Img_1011790_s

|

« 順延 | トップページ | 神奈川県高校新人大会と日本ハンドボールリーグ 2016.11.23-11.26 »

コメント

七人攻撃は残り時間や点差を考えてやらないとバカバカしいですね。高校でやっているチームは有りましたか?また若手がやって本部で怒られいるのかな。

投稿: | 2016年11月12日 (土) 21時04分

ありましたよ。
ここではどこのチームとは書きませんが。
メンバーチェンジを間違えたかとさえ思いました(^^;)
そのチャレンジ精神は褒めちゃうかも。

投稿: 管理人 | 2016年11月12日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103545/64454884

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハンドボールリーグ第八週 &神奈川県高校新人大会:

« 順延 | トップページ | 神奈川県高校新人大会と日本ハンドボールリーグ 2016.11.23-11.26 »