2019年11月26日 (火)

2019インカレの写真を掲載しました

先々週に撮影しました、全日本学生ハンドボール選手権大会(インカレ at宮城県)の写真を大学ハンドボールのページに掲載しました。

今回は、一般観戦者の立ち入りが制限されるエリアでの撮影となり、大会主催者から「インターネット上への掲載は、閲覧制限を設ける」旨、通知がありましたので、パスワード付きといたしました。何卒ご了承ください。

閲覧については、下記「高校生の写真について」からご請求ください。(またはトップページの「高校生の写真について」をクリックしてください。

 

高校生の写真について

 

ご不便おかけします。宜しくお願いいたします。

 

管理人

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

令和元年度 全日本大学選手権  

全日本大学選手権(インカレ)が宮城県にて開催され、本日が決勝戦。

男子は筑波大学が14年振り4回目の優勝

女子は大阪体育大学が7年連続8回目の優勝となりました。

女子は大阪体育大学が東海大と対戦、序盤からのリードを、中盤以降も広げての圧勝。一回戦から決勝まで全ての試合で10点差以上をつけるという、全く他を寄せ付けない強さの7連覇。

チームが強いから、優秀な選手が集まり、優秀な選手が集まることで、また強くなる。果たして、大体大の負ける日が来るのでしょうか。

男子は、筑波大vs日本体育大という関東勢の決勝。序盤から追いつ追われつの展開も、筑波大が常にリードを保ちながらラスト1分を切り、1点差で迎えた残り4秒の日体大のシュートを筑波GKが防いで逃げ切りました。

三位に法政大、中央大が入り、今年は関東学連が上位を独占しました。

撮影は序盤の三日間だけ行ってきました。

11月8日 女子一回戦 カメイアリーナ仙台

11月9日 男子二回戦 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)

11月10日 男女準々決勝 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)

三日間で撮影枚数は1万枚を超えました。

さすがに疲れて、ちょっと編集はお休み中です(^^;)

とはいえ、のんびりしていると、すぐに次の試合になりそうなので、あまりぼやぼやせずに。

掲載は関東学連所属の男子チームのみとなります。ご了承ください。

先に、神奈川県高校新人大会の写真を仕上げなければ。。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

令和元年度 神奈川県高校ハンドボール新人大会 2019.10.27-11.03 

神奈川県の高校新人大会が始まりました。

2019.10.27 茅ヶ崎北陵高校グランド

2019.11.03 茅ヶ崎北陵高校グランド

2019.11.04 希望ヶ丘高校グランド

先週は薄曇り、若干の青空。昨日(11月3日)は曇り空、今日は好天でした。

屋外で撮影する上で、曇り空というのは、明るさが安定するので楽ではあります。

晴天でも、雲が無ければ、やはり明るさは安定しているようでもありますが、午前と午後では太陽の位置が変わるので

午前中は順光(光が被写体の正面から当たる)が、午後には逆光(背面から当たる)に変わったりしますので長時間撮影する場合は「安定」とは言えません。そこに雲が出てくれば、太陽が雲に隠れて明るさが変わって、その都度、カメラの設定を変えたり模して大変。

そういう意味では曇り空は、午前も午後もほぼ一定となるので楽、、ということです(実際は、多少の明るさの変化もありますが)

ただ、曇り空で撮影した写真は、陰影や逆光の面白さを使えないので、それはそれで、やや平凡な写真にもなりがちです。

写真屋さんとして撮るならば、曇り空の方が選手の表情もしっかり出るし、のちのちの資料として使いやすい写真になるのですが、

アート性ももたせたい写真家として撮るならば、晴天の方がいろんなことができる、、ということになります。

そんな観点から屋外ハンドボールの写真を見てみてください。

Img_1363264 

午前中はこんな青空も

 

Dsc_0094
最終試合では雲が広がってきました。

Dsc_0092

Img_1364536

 

写真はぼちぼち掲載していきます。

今週末宮城県で開催の全日本学生選手権に行ってきます。   

 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 入れ替え戦

またまた更新が滞りました。

2019.10.05 関東学連秋季リーグ 男子七部順位決定戦 at東京理科大学

2019.10.05 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦 at東京理科大学

2019.10.19 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦 at国士舘大学

今日の入れ替え戦にて、今シーズンが終了しました。

入れ替え戦は 4~7部では、リーグ一位は自動昇格 最下位は自動降格
1~3部では、リーグ1位とリーグ最下位(10位)、リーグ2位がリーグ9位のチームと対戦します。

この入れ替え戦でリーグ2位が昇格した試合は男子8試合中5試合ありました。

最終試合は、一部10位の立教大学と二部1位の順天堂大学。
立教は、順位は最下位でしたが、これは登録ミスによるペナルティによるもの。
実際はリーグ戦中盤まで二勝をあげていたので、実力的には一部の5~8位程度になると推測されることから
順天堂大には不利になるかと思いきや、試合が始まってみれば、その攻撃力が立教を圧倒し、一部昇格を遂げました。

これだから学生ハンドは面白いです。

これにて秋季リーグは終了。このあと、2週間後には宮城県にて全日本学生選手権(インカレ)が開催されます。

今日の写真の更新は、今週の木曜日頃になります。

Img_1358113

 

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 第5週 2019.09.28-29

関東学連秋季リーグは、当初予定では、今週末がレギュラーシーズンの最終週でしたが、9月8日の試合が台風の影響で全試合キャンセルとなったことから、男子七部、女子二部は来週に持ち越し。それ以外のカテゴリーは終了となりました。

男子一部は日本体育大学が14シーズンぶりの優勝。
日体大は、今年からハンドボール界のレジェント・宮崎大輔選手が復学し注目されました。また、去年のインターハイ三冠の氷見高校から、何人かが入学、戦力が充実していたこともありますが、私は、ゴールキーパーの安定感がチームに好影響を与えたと思ってます。

今年の日体大の主戦は、中村選手(藤代紫水出身)ほとんどの時間帯を中村選手がGKを務めたのではないでしょうか。

日体大が強いときは、必ず強いGKがいました。
最近では、甲斐選手(トヨタ車体、日本代表)、木村選手(大崎電気、日本代表)がゴールをがっちり守り、常勝・日体大を作っていました。
GKが強いと、結果的にオフェンスも強くなるのでしょうから、やっぱりハンドはGKだよなぁ、、と、確信します。

撮影は、、、週末に風邪を引いてしまい、二日間、どこにも行けず、でした。
写真を期待されていた皆々様には、期待に添えず申し訳ありません。
暑くなったり、冷え込んだりだった9月後半の天気に体がついて行かなかったようです。もう年だ~

来週末から入れ替え戦。
今年は茨城国体と日程がかぶることから、来週が一日目、再来週に二日目となります。
また、どちらも、一日6試合のハードスケジュールですが、なんとか体調整えて、撮影に挑みたいと思ってます。

ところで、9月22日 男子二部の写真を写真仲間の3801mさんから頂きましたので掲載しました。
ご協力に感謝致します。

 

| | コメント (0)

«令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 第三週 2019.09.14-15