2017年11月13日 (月)

インカレと神奈川県新人大会 2017.11.12

先週末は全日本大学選手権(インカレ)に行ってました。

そして、今週は、神奈川の高校新人大会の撮影です。

11月5~7日 全日本大学選手権 atいしかわ総合スポーツセンタ-(石川県金沢市)
11月11日  神奈川県高校新人ハンドボール大会(横浜創英高校)
11月12日  神奈川県高校新人ハンドボール大会(多摩高校)


インカレは準決勝からの撮影。2013年以来となりました。

今年もインカレはオモシロかったです。
男女とも好ゲームが多かったのですが、特に男子準々決勝、筑波大vs福岡大は延長に入る熱戦。
そして、男子決勝の国士舘vs筑波大も、見応えがありました。

この男子決勝の審判を担当したのは、本田・田渕ペア、若き国際審判であり、本田さんは、神奈川県協会の審判長でもあります。

男子決勝の国士舘大、筑波大ともに、準決勝は、かなりヒートアップした試合。そして関東の強豪同士の日本一を掛けた決着となれば、決勝戦も、荒れた展開も想定されました。

しかしながら、実際の決勝戦は退場も少なく、とてもクリーンな試合となりました。
そうなった要因の一つとしては、関東学連でも度々審判を務める本田・田渕ペアが「睨みを効かせる」であったこともあったかと思います。
審判は正確且つ公平であることが当然であり、それが故に正確な笛は目立つ事がなく、逆に曖昧であったり、誤審や不正確な笛は、批判の的となる「損な役割」

選手が納得してないジャッジが度重なると、選手やチームはプレーに集中出来なくなって試合が荒れてきます。

それほどに、審判の技量は試合の質を左右し、また、「若造達に決して文句は言わせない」国際審判のオーラも、試合を安定させたのではないかと、私は感じてます。

皆さんも、日本リーグや日本選手権などを観戦する機会がありましたら、審判の笛にも是非、注目してください。
未編集の写真が溜まってきました。
先にインカレの編集を進めます。今週中にはどうにかしたいところですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

平成29年度 神奈川県高校ハンドボール新人大会とインカレ

今年の神奈川県、新人大会が始まりました。

昨日(11月3日)は、藤沢総合高校にて男子一回戦を撮影。

朝方まで雨が降った影響で、グランドはところどころにぬかるみが。

4面予定されていたコートは1面が使えずに、最終試合などがキャンセル。

試合開始も9時スタートが9時30分スタートとなりました。

10月はずっと週末に雨などが降ってましたが(この大会も先週末の予定が雨で順延に)
久々の青空に、さすが晴れの特異日の文化の日。
お日様を堪能しました、、、というか、暑くて、ビックリ。

この日は、男子一回戦5チームを撮影。

今日(11月4日)は撮影無しで、明日から、金沢で開催されている、全日本大学選手権(インカレ)に行ってきます。

県新人大会は、11日に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 2017.09.23-10.01 国士舘大学多摩キャンパス

9月23日(土) 関東学連秋季リーグ男子一部

9月24日(日) 関東学連秋季リーグ女子一部

9月30日(土) 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦(一日目)

10月1日(日) 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦(二日目)


関東学生ハンドボール連盟 秋季リーグが昨日・今日の入れ替え戦をもって終了しました。

今日の入れ替え戦は、第一試合が60分で勝負が付かず延長となり、最終第5試合も一点を争う好ゲームでした。

やっぱり学生ハンドボールはオモシロい。

撮っていて気合いが入ります。


8月26日から始まった私の撮影も、この日で終了。

出動9日
撮影試合数 41試合
撮影枚数 28000枚余

でした。

なかなか更新が進まなくてスミマセン。
今日は一休みして、明日からボチボチと更新していく、、つもりです。

それでは、次は、神奈川県高校ハンドボール新人大会の会場にてお目に掛かりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 男子四部 2017.09.16 東京経済大学

2017年9月16日 関東学連秋季リーグ男子4部 東京経済大学

(9月17日に予定していました、男子2部(立教大学)はキャンセルしました)

リーグ戦も大詰め。
チーム順位が確定し始めました。

この日に撮影の男子4部は、春季リーグで4部に上がったばかりの東京経済大学が全勝で残り二戦は見事な戦いぶり。

もう一踏ん張りで一位通過できるか、一位ならば3部へ自動昇格だけど、2位では入れ替え戦を戦わねばならず、この差は大きい。

4部を見渡すと、2位に東京学芸大、3位・明治学院大、4位・上武大。

どのチームにもまだチャンス有り。少人数で踏ん張っている東京学芸大は健闘といって良いでしょう。明治学院は一位の東京経済大を残しているのがやや負担か。

この日の各試合を見た限りでは、現在4位の上武大学が、攻撃力・得点力も有り、実際、得失点差も4位ながら+25と、東京経済大学の+28に並びそうな勢いがあり、最終的には得失点差の2位で通過しそうな雰囲気があるかな。

いよいよ今週末が最終。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

平成29年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 男子一部 2017.09.09 国士舘大学多摩キャンパス体育館

9月9日 関東学連男子一部 at国士舘多摩キャンパス体育館

9月10日 団地の草刈りで撮影お休み(^^;)

ということで、先週末は一日だけ、国士舘大学へ関東学連男子一部の撮影でした。

秋季リーグも終盤に差し掛かり、
上位は優勝争い、下位は入れ替え戦に向けた順位争いが熾烈になってきました。

男子一部では一位の国士舘大学に、それを追う日本大学が、日曜に法政大学に破れて、星二つの差。

ここに来ての2勝差は、あとの対戦カードを見れば、国士舘がグッと優勝に近づいたと言えそうです。

下位は、日体大、東海大、法政大、明治大が”入れ替え戦回避”に向けて熾烈な争い。
明治は未だ未勝利で、かなりキビシイか。
法政が日曜の日本大学に勝利して、グッとムードが高まり、
日体大、東海大と星を並べてます。

今季は、春季リーグ優勝の筑波が6位と低迷し、逆に二部から騰がってきた順天堂が、残り3戦が下位チームとの対戦という状況での5位は大健闘、リーグ戦をオモシロくしています。

男子二部は、上位三チーム 立教、駿河台、桐蔭横浜が、ともに6戦全勝、関東学院大が5勝一敗となって、ラスト3試合は、この4チームが激突。
こちらも日々の結果報告に一喜一憂しそうです。

今週末の撮影は以下の予定です。
9月16日 男子4部 東京経済大
9月17日 男子2部 立教大
撮影も頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«平成20年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 男子三部 2017.09.03 東京理科大学森戸体育館