2019年10月20日 (日)

令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 入れ替え戦

またまた更新が滞りました。

2019.10.05 関東学連秋季リーグ 男子七部順位決定戦 at東京理科大学

2019.10.05 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦 at東京理科大学

2019.10.19 関東学連秋季リーグ 入れ替え戦 at国士舘大学

今日の入れ替え戦にて、今シーズンが終了しました。

入れ替え戦は 4~7部では、リーグ一位は自動昇格 最下位は自動降格
1~3部では、リーグ1位とリーグ最下位(10位)、リーグ2位がリーグ9位のチームと対戦します。

この入れ替え戦でリーグ2位が昇格した試合は男子8試合中5試合ありました。

最終試合は、一部10位の立教大学と二部1位の順天堂大学。
立教は、順位は最下位でしたが、これは登録ミスによるペナルティによるもの。
実際はリーグ戦中盤まで二勝をあげていたので、実力的には一部の5~8位程度になると推測されることから
順天堂大には不利になるかと思いきや、試合が始まってみれば、その攻撃力が立教を圧倒し、一部昇格を遂げました。

これだから学生ハンドは面白いです。

これにて秋季リーグは終了。このあと、2週間後には宮城県にて全日本学生選手権(インカレ)が開催されます。

今日の写真の更新は、今週の木曜日頃になります。

Img_1358113

 

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 第5週 2019.09.28-29

関東学連秋季リーグは、当初予定では、今週末がレギュラーシーズンの最終週でしたが、9月8日の試合が台風の影響で全試合キャンセルとなったことから、男子七部、女子二部は来週に持ち越し。それ以外のカテゴリーは終了となりました。

男子一部は日本体育大学が14シーズンぶりの優勝。
日体大は、今年からハンドボール界のレジェント・宮崎大輔選手が復学し注目されました。また、去年のインターハイ三冠の氷見高校から、何人かが入学、戦力が充実していたこともありますが、私は、ゴールキーパーの安定感がチームに好影響を与えたと思ってます。

今年の日体大の主戦は、中村選手(藤代紫水出身)ほとんどの時間帯を中村選手がGKを務めたのではないでしょうか。

日体大が強いときは、必ず強いGKがいました。
最近では、甲斐選手(トヨタ車体、日本代表)、木村選手(大崎電気、日本代表)がゴールをがっちり守り、常勝・日体大を作っていました。
GKが強いと、結果的にオフェンスも強くなるのでしょうから、やっぱりハンドはGKだよなぁ、、と、確信します。

撮影は、、、週末に風邪を引いてしまい、二日間、どこにも行けず、でした。
写真を期待されていた皆々様には、期待に添えず申し訳ありません。
暑くなったり、冷え込んだりだった9月後半の天気に体がついて行かなかったようです。もう年だ~

来週末から入れ替え戦。
今年は茨城国体と日程がかぶることから、来週が一日目、再来週に二日目となります。
また、どちらも、一日6試合のハードスケジュールですが、なんとか体調整えて、撮影に挑みたいと思ってます。

ところで、9月22日 男子二部の写真を写真仲間の3801mさんから頂きましたので掲載しました。
ご協力に感謝致します。

 

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 第三週 2019.09.14-15

関東学連秋季リーグ 第三週を終え、各チームのポジションが徐々に見えてきました。

男子一部は日本体育大が一つ頭抜け、女子一部は、4強が明確になってきました。

男子二部は関東学院大がトップを順天堂と競っています。桐蔭横浜、駿河台、慶應がそれを追う展開。ここから上位チームの激突が始まります。

さて、先週末の撮影は男子三部、男子四部でした。

2019.09.14 男子四部 東京経済大学

2019.09.15 男子三部 東京理科大学

先々週の台風で9月8日の試合がキャンセル、日程変更となって、撮影の予定も変わりました。

当初は、9月28日男子一部最終日(国士舘大学)、9月29日女子一部最終日(国士舘大学)などの予定でしたが、女子一部を来週の9月22日(東京女子体育大学)に変更、男子二部は9月29日(桐蔭横浜大学)に行くこととしました。

ところで、先の台風15号で、千葉県では大規模な停電が続いてます。
関東学連秋季リーグは9月14、15日が千葉県勝浦市にある国際武道大学が女子二部の試合会場となっているので、開催できるの案じていたのですが、無事に開催されたようです。

男子三部の会場にて、国際武道大の選手に聞きましたが、勝浦はそれほど大変でも無く、すぐに復旧したとのこと。
地理的に、台風直撃した(それも風がより強いとされる進行方向の東側)ように思っていたので、なんだか不思議な感覚です。

さて、今シーズンも、5103Pさん(ハンドル名)に撮影のご協力を頂いてます。

8月31日、男子四部(成蹊大)の写真を頂きましたので、まずは二試合分を掲載しました。

5103Pさん、いつもありがとうございます。

この後、秋季リーグは佳境に入ります。

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 第二週

この週末は、明星大学にて、関東学連男子二部の撮影でした。

2019.09.07 関東学連秋季リーグ 男子二部 明星大学体育館

撮影中、ボールにぶつかりました。

ゴールエンド付近で撮影していると、シュートの流れ弾が当たることは、それほど珍しくないのですが、

今回は、ボールが顔面直撃。

シュートがゴールポストに当たって、方向が変わってこちらに。。

あ! と思った瞬間、ボールが目の前にありました。

そして物の見事に、眉間のあたりにドーン!と。

めがねが吹っ飛びましたが、壊れもせず、ケガもありませんでした。

でも、痛かった~。

ゴールキーパーが顔面にボールをぶつけられた時の痛みがよくわかりました。

皆様も、どうぞお気をつけください。

関東学連秋季リーグは、9月8日(日)の全試合が台風の影響を考慮してキャンセル。今後の日程が変わると思われますので、観戦を予定されている方は、関東学連のウェブサイトをご確認の上、お出かけください。

| | コメント (2)

2019年9月 2日 (月)

令和元年度 関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 第一週

関東学連秋季リーグが開幕し、早速、撮影に行ってきました。

2019.08.31 女子二部 at東洋大学

2019.09.01 男子一部 at日本大学八幡山体育館

東洋大学の体育館は、明るくて綺麗な会場ですが、冷房設備が無く、お昼前には館内も30度を超える気温の中の試合となりました。

30度を超えると、熱中症予防のために、試合を止めた「給水タイム」が設けられ、この日も、第3試合から前半の15分、後半の15分過ぎに、オフォシャルがプレーの切れ目に試合を止めて一分間の給水タイム。ハンドボールで給水タイムは初めての体験でした。

日本がどんどん暑くなって、夏の高校野球では、やはり給水の時間が設定されているようですが、ハンドボールでも何十年か先には、秋の大会でも「給水タイム」がアタリマエのようになるかもしれません。

この後、来週は男子二部の撮影で明星大学に行きます。

今シーズンもヨロシクお願いします。

| | コメント (0)

« 第60回 上智大学・南山大学総合対抗運動競技大会 2019.07.05 墨田区総合体育館